過激な方法や誤ったダイエット法は、体にとってとても危険! ここでは、ダイエット博士が正しい方法や間違った方法をご紹介します。

ダイエット博士のQ&AHakase

運動で消費されるカロリーなんて微々たるものだから わざわざ運動しなくても、ちょっと食べるのをガマンすればいい…
なんて思っているとしたら大間違い!運動の効果はカロリー消費だけにあてはまるものではないぞ。
ちょっとの運動はとても大切なんじゃ。
そこで、今回は運動について話をするぞ。

運動するとおなかが減って、つい食べ過ぎる…
いかにも本当らしい話だが、実はまったくの逆なのじゃ。
運動不足は、食欲を必要以上に高めてしまい、それが続くと 必要以上にエネルギーを摂ってしまう習性があるようじゃ。
例えば事務職など体を動かすことの少ない職種 の人は、よく体を動かす職業の人に比べると、圧倒的に 食欲が旺盛で、肥満の人も多いという調査結果もある。
運動不足で太った人は、軽い運動を続けることで、その カロリーが消費できるばかりか、食欲が押さえられる可能性が
あるんじゃよ。
やせるためには、食事制限でカロリー摂取を減らすか、運動でカロリー 消費を増やすかしてエネルギー消費バランスをマイナスにすればいい、と理論的には そうじゃが、実は、運動と食事制限、この2つには決定的な違いがあるんじゃ。
運動では確実に体脂肪が減るのじゃが、食事制限では、体重が 減ったとしても、なかなか体脂肪は減らない。しかも、食事制限 は、基礎代謝が落ちるから、体は少ないカロリーでも大丈夫なよう 順応してくるから、やせにくくなってしまうんじゃ。
だから、運動でカロリーを消費して100kcalマイナスにするのと、 食事制限で100kcalを減らすのとでは、同じカロリー数でも大きな 違いがあるというわけじゃ。
運動にはカロリー消費以外の効果があって、たくさんの脂肪が筋肉で 燃えるだけでなく、運動が終わった後も、しばらくは筋肉のエネルギー
代謝が増加したり、基礎代謝が増加したりして、やせやすい 体になっていくんじゃ。わかったじゃろ。
ページトップへ